2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

■ リンク集

無料ブログはココログ

アクセス地域

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

ブログ内の検索

カテゴリー「体験記・備忘録」の記事

サーバやアプリなどの設定情報や体験記を書いています。

2010.09.28

睡眠障害:「傷病給付終了後に思うこと」


傷病給付がきれて2ヶ月が経とうとしています。
自分の決めた予定では、2ヵ月後には就職活動をしたいなぁと思っていました。

けど、全然かわらない現状があります。
ただ、24時間中に眠気がくる時間がある。
というのは、1年半以上掛けた成果かもしれない。

が、いまは眠れないことよりも起きれない現状が酷くでている。
かかり付けの先生曰く努力が足りないであったり、根性的な話。みたいなこというので、結論はでないが違う気がする・・。

根性で、目覚ましに気づけたり、努力でどうにかなるならわざわざあなたのところに通院したりはしないのだ。
このご時勢に2年近くも休職するというのがどれくらいのリスクなのかをわかった上で言っているのでしょうか?
そんな風にすべての患者に言っているのでしょうか??

わからない・・・。

次回までには良くなるはず、良くなるはず・・。と引き伸ばされてしまった気がしないでもない。
今回は、新薬が投入できるのでそれを待たされている感じです。

とはいえ、給付がきれては生活が出来ません。
早くけりをつけなくてはいけないし、11月や12月に職探しはかなり大変な気もする。
色々と時期がわるい。そう感じずにはいられないです。


給付が終わる前と終わった後で大きく違ったことは無いのですが、生活スタイルは変えたほうがいいのだと最近にして思うようになった。
給付を受けている頃は、自分は給付によって生かされているという印象が強く、おおっぴらに遊ぶようなことはしませんでした。
もちろん、気晴らしになるのであれば率先して遊ぶようなことはします。
が、基本的に質素で地味な生活を送っているのだと思います。

ただ、給付が終わってもそれを続けてしまいそうになります。
それが普通である・・と勘違いし、気づかないのです。

豪遊しろとは言いませんが、やはり給付で生きているわけではなくなったのですから、ひとつ気持ちを切り替えた生活を始めるべきなのだと感じました。

残額=残りの人生 の生活が始まっていることは確かですが、だからといって給付時代の沈んだ心持を引き継ぐことはやめたほうがいい。
できるなら、今見えている世界で何ができ、何を踏み出せるかを考えるため、何がしたいのかについて、もう一度ゆっくりとでも考え始めるべきタイミングなのかもしれない。

治らない・・かもしれない。
けど、それならそれで、やはり治らないのだ。と気づいたときにすぐに手を打てる準備だけはしておいたほうがよい。
そう思います。

私はまだ、バイトで暮らす覚悟はできていないし、今更何をしたいのかについてはかなり悩んでいる。
ここ1年でフリーウェアを何本か作ってきたのですが、確かに作ることは楽しいし好きだ。
でも、これを仕事に変えるのはかなり大変だと思う。

そう思えたのはひとつの成果でした。
夢の検証、憧れの査定。

私自身、結局残りの人生のほうが長いと踏んで、休職に踏み切ったわけです。
どこまでが許容なのか。
もう一度考える時期なのだと思う。

同じくらい休職や求職をされている方に同じような考えの人がいるかはわかりませんが、いずれやることになるならどこかでやるタイミングが必ずやって来るわけで、そのタイミングを自分主導でできるか、流れの中できめるのか。

それは同じ境遇の人にとって共通して大きなポイントかもしれない。


2010.08.27

備忘録:「保険証の返却」


先日、被保険者資格喪失の話を書きましたが、新しく国民健康保険証も入手し、前の保険証を返却することができました。

会社にも属さない、任意保険の状態の保険証です。
保険組合と個人との関係になっているため、送り状に悩みました。
正直、傷病給付も書簡で届ければよかったのですが、この送り状の内容に悩んでいたので手渡しにしていたところもあります。

傷病給付金申請書については、そんな理由で毎回保険組合まで持参していたので、問題なかったのですが初めて送付で、しかも保険証を送りつけるという厄介な封書になります。

Web上でも同じ悩みの人はいる模様ですがまちまち。
すっきりしません。
知り合い曰く、送り状なんて要らない!って人もいました。

が、そこはそこ。
いくら個人と所属しているわけでもない会社の付き合いとはいえ、送りつけるものがモノです。
なので、送り状はつけることにしました。
しかも、手書きです。

ただ、かしこまったことは無く。簡単に以下の様な文面で。
※ スペース入れができないので開始位置はすし違いますが・・。

__________________________________

 担当者様                       平成22年8月27日

    資格喪失につき、保険証を返却いたします。
  お手数ですが、ご査収のほど宜しくお願いいたします。

  また、長くお世話になりました。
  ありがとうございました。

              記


  1.被保険者証   1枚


                                    .以上

__________________________________

実は、後半のお礼分はつけていませんが、その辺は気持ち次第で 遅くなってすみませんとかなんとか。


正直、BtoBならさっくり白々しい文面がかけますが、CtoBなのであまり白々しいというか、かしこまったことは書けず苦労しました。
こんなことですら苦労するってどうよ・・。と、自分のアホさにへ込まずにいられません。


さて、送付については書留にしました。
最初は、配達証明にしようとしたのですが配達証明は大掛かりすぎ。
ハガキが返送されてくるんですよね?あれ。
じゃなくって、届いているかどうか。が知りたい。

なので、書留(特定記録)というやつにしました。
郵便局のトレース番号がもらえるヤツが欲しかったのでこれなんですが、この番号をもらえるのが配達証明だと思っていた・・。(苦笑

1通 で160円也。
まぁ。交通費よりは安いですよね。


で、なんでそこまでするか。
ですが。


実は、今回の保険資格喪失には理由があります。
例の郵便局のトラフィックミス!
あの時期に届いているべき書類が来ていない!!

なので、払い込むのを忘れていることに気づけなかったというなんとも自分のアホさと郵政への不満の2重の問題です。
あの時期は、amazonで購入したWin7 も遅れに遅れてましたし、いまさらいっても後の祭りなんですが。
気づかないという、自己責任もあるし。

とはいえ、あの時期は通院が重なり、他の病気も大変でどうしようもなかったというのもあり、観念しました。
でも、さすがに今日の郵便局の対応にはそれすら思い出すほどイラッとしました。


3回目くらいですかね。
我が家に書類が届かないのは!
でも、気づいた時点で半月以上経っていますから今更、不達確認をお願いしてもお金がかかるだけというか無駄というか。
不達確認って、純粋にその近所の家(なぜか本人も含めて!!)に 「届いてませんか??」って確認書類が来るだけです。
しかもなんか書いて返送するだけ・・。
責任はどこにあるのかなんて考えてないんだろうなぁ・・。彼ら。
(ちなみに前回は、医療保険証&案内がロスト!そのまま行方不明!!ありえない!!!!!料金や保険料まで記載されてるのに・・。)

で、今日の対応。

私:「配達証明っていうのできますか?」

郵:「はい?」 ← この疑問系が意味分からん!!おばさん!!!しかも目線も合わせずに!!

私:「届いてるかどうかが知りたいんですけど・・」

郵:「特定記録でいいんですか?」 ← それはなに・・?オレはその道のプロじゃねぇんだよ。

私:「それって、届いてるかどうか分かるやつですか?」

郵:「配達証明は、ハガキで返送きますけど?」 ← どっちなんだよ・・。

私:「返送ハガキじゃなくって、届いているかが分かればいいんです。」

郵:「特定記録でいいんですか?」 ← だからそれが何かをいえよ!

私:「それって、届いているかが分かるやつですか?」

郵:「特定記録ですね。それでも届いたかどうかは分かりますよ。」

私:「じゃ、それで。」

・・・なんか・・なんか・・・変。
会話になってないというか・・・。
エンジニアも業界用語を素人に使うときには注意しててもダメなことがあるけどそれとは何かが違う・・。

毎度毎度なんで郵便局に行くたびにイライラさせられるんだろう・・。
海外に郵便送るときにもイライラさせられたし。

カメラをはずしてさらに横暴になったんじゃネェのか・・・。
(アレは思い出すだけでもイライラする決定&施行だよね・・。ありえない・・。後報告って・・。)

で、イライラしながら手続き。
すると、

郵:「依頼主の住所要らないの??」

(いるに決まってるだろ・・。)
まさか自分がそこまでテンパってるとは思わなかったよ・・。

気づいてくれて(というか、書類作成するんだから気づくよね・・。)、ありがとう。郵便局員さん。

あああぁぁぁぁっっっっ!!!(イライライラ..