2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

■ リンク集

無料ブログはココログ

アクセス地域

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

ブログ内の検索

カテゴリー「メンタル」の記事

睡眠障害や病気、こころなどメンタル全般について書いています。

2012.08.14

心を保つとき

心を強く持つこと
気持ちを大切にすること
自分を大切にすること

自分の中でエンジンをかけるときや、ギアを切り替えるとき、またはそういった場面に迫られたと感じたとき。
自分はこれらのことをもう一度見直すべきだと思っている。

ギアを入れ替えるとひとつ余裕がなくなる。
けど、失うもので守れるものがあるから選択できる。

そう考える。

薬の影響の気もしますが、以前に比べて心の弱さが酷い。
そういう時は、時間を空けて。環境を抜け出して、景色を変える。

そういえば、最近散歩をしていなかった。
見える景色から受け取る新しい気持ち。
それがなければ実はこの3つの命題は実現しない。


心を強く持つこと
気持ちを大切にすること
自分を大切にすること


自分は、何のためにいまそこにいて、その先をどう過ごしたいのか。
難しいけど大切なこと。
それには、時間を正しく与えることが重要だと思う。

さぁ、心折れずに参りましょう。

(という、自分への暗示のようなものでした!)

2012.08.12

復職したころにおもっていたこと

アツイですね。

復職してどれくらい経つのでしょうか。
特定されるのも面倒なので書きませんがw

それでも、このサイトへ睡眠障害やうつ?などで休職された方が沢山いらしていることもあり、
その当時のメモ書きを棄てる前にココに記します。

個人的には、自宅でも沢山のメモ書きをしています。
それがいずれオープンループの元凶になったりしますが、それはそれ。

ちょっと時間ができたので少し。

いえ、これが本当にメモなんですけどねw
なので、こんなしょーもないことを考えながらも復職できていますよ。
という支えになればと(なるのか?苦笑

ダメ人間全開なので、わらってよんでくらさい。

(順不同です。いつのなのかわからないけど就職直前やその近辺だと思う)

------------- メモ 1
買うもの
・ペットボトルのコーヒーx6
・歯磨きセット
・もやしでカップめん


やること
・服の整理
・Yシャツ確認
・会社について理解。
・財布について考える。
(これは、説明が必要ですね。
自分の中である程度ステータスのある財布を持ち直すかどうか。
それは、自分がきちんと生計を立てなおしたときにそれを持つべきだ。といういみです。
現在でも、その財布は使わず別の安物を使っています。)
・学習について考える
・業務スタイルについて考える。
・カバン

------------- メモ2
○○(就職した月)月課題

・DBの復習(モデリング、運用、SQL)
・業務の流れ理解
・よく使うツールブラッシュアップ
・出社サイクル作り


---------- メモ3
・アイロンがけ
・記帳
・入金
・散髪
・時計
・残高記入Fix作業
・睡眠日誌メーカー改修 → 連動日付を利用
・○月、○月の目標設定
・学習要綱作成
・働き方のルール作成
・ヘッドフォン
・研究テーマ:ソフトウェアインクリ開発手法


--------- メモ4
・○○支払
・Yシャツチェック
・WBS完成 → TODOなんだけどね
・体調良くてもカラオケはダメ (笑
・復職前にやること
 復職後にやること
・復職の注意やルール
・読書スケジュール作成
 .要求定義の本
 .○○の本(言語)
 .○○の本(DB)


------ メモ5
・ノンビリ
・中期
・納期なし
・ドキュメント系

(恐らく、どんな仕事に落ち着くべきかと考えたんだと思う)

-------- メモ6
・ログ
・バリデータ
・リファクタリング

(FW開発の設計について考えている模様)


-------- メモ7
今日やること

・通帳記入
・○銀行
・1ヶ月いくらまで支出を絞れるか
・引越しのタスク作成
・ハロワで住宅補助の話(してませんけどね。)
・方針決定を来週待つとしてよいのかを確認(意味不明)
・○○で生計が立つのかの確認、検討


-------- メモ8
・12ヶ月の仕事と趣味の作業予定とシュウカツ予定と研究テーマ
・軸きめ
・神社参りとお守り返し
・筋トレ
・洗い物


--------- メモ9
・網棚撤去
・会社選びと応募と情報整理
・ISBN整理 → Windows Server 2003本(これは、意味不明)
・将来と会社と仕事と働き方
・歯磨き(ぉいw)
・ラーメン、ジュース、水、晩飯(ww
・PW整理
・書類整理
・これからの勉強スケジュール


-------- メモ10
プロジェクト
【ソフト名】 -- TODO
       |Func
       |Bug
       |Dev
       |Doc
       |Schkedule


--------- メモ11
・カーテン寸法
・万葉集、ゲーテ詩集(読んだことすらない。買ってもいないw)
・皿、おわん
・本棚寸法
・趣味のためのバインダ


--------- メモ12
・○○システムズ、○○、○○に応募 3
・○○履歴書作成 と返信 2
・○○に返信 1
・携帯の電池
・昨日の反省資料
・家賃TEL

(末尾番号は実施優先順位を示します)


--------- メモ13
・HPについて整理
・裏でWin7ダウンロード(裏とは、PC作業の裏でってことです)
・未作成一覧
・ツール一覧
・Java
・FDツール作成
・1日1読破(したことないww)
・○○ 何かのPW

-------- メモ14
・本のサイズ各種 (詳細書くのがダルい)


-------- メモ15
・FD管理
・ハローワーク

(ナゼコレが同じ並びなんだw)

-------- メモ16
・給付金 → 判子 → 延期申請書
・薬処方へ
・CD作成
・XP Mode搭載
・ブックマーク整理 → 検索時ワード保存

当時をメモから振り返ると、意外と当時の気持ちが思い出せたりします。
途中のけちけち生活っぷりとか、いかにも辛かったんだろうナァと思いますし。

2012.08.05

睡眠障害:「最近の状況」

アツイですね。
季節もオリンピックも。

不眠症の人にとっては、夜置き続けることなんて余裕でしょう。
昔は自分もそう思っていました。
けど、これってやっぱり異常なことだったんだなと最近痛感します。

ということで、夜更かしが怖いほどになった今の自分の睡眠障害状況を書いて見ます。
本当は1年をめどに書こうと思ったのですが、それはそれでまた書きます。

最近は、毎朝6時半頃~7時の間に目を覚ましています。
この生活を続けているのは3ヶ月ほどですが、それ以前は半年ほど7時15分ごろまでにおきていました。
復職して最初の半年は、ほぼ毎日のように23時前後に就寝していましたし、24時まで起きるのは非常に辛かった。

サイクルを作るというのはとても重要だと思いました。
もう22時前後には、眠気でクラクラします。(苦笑

結局。『拝啓お医者様 』の続きは書いていませんでしたが、
その中で書こうとしていたことの一片を語ってしまうと、はっきりって

くすり(メラトニン、及び 睡眠薬 や

2012.06.01

睡眠障害:「睡眠障害というものとその治療について」

こんばんわ。

ちょっと突然、睡眠ネタで検索されてくる方が急上昇したので、気になりました。
私も、グダグダと沢山書いていますが今後書こうとしていた内容にすこし触れると、
個人的には、現時点での睡眠障害の治療には、やはり疑問が多いですし大きいです。

その点、このブログでは再三書いているのですが、次回トドメのようなことを書こうと思っていました。
重度の方には、「ふざけるな」と怒られるでしょうけど、私程度の不眠症を睡眠障害して扱うというのは、
やはり何か違う気がします。

その治療方法の未確立な状況もそう感じさせます。
どの病院にめぐり合うかで決まってしまうように思うし、そもそも体系化されているとは思えないし、
それが有効とは思えない。

とあるページでは、エビデンス(つまり成果となる被験者)がそれほど居ないから確立できない。
といった記事を読みましたが、これには声を大にしてNo だと思います。

自分たちが考える道標以外の数値を最初から排除していると私には感じられました。
何しろ「こうこう、こういう症状がでたんですけど・・」 と説明しても、「そんな症状報告は無いから違います」って。
これは。。。。なんだ??
今伝えている症状は、症状報告ではなくなんなのだろう??
と、思うこと多々あり。

なわけで、このサイトへいらっしゃる睡眠でお悩みの方へ、このサイトを見るにあたりどうぞ気をつけていただきたいのがそういった疑念の中に私はいました。
治る治らない。
で考えたら、ひとついえる事は

私はこの半年、仕事で寝坊したことはないし、朝日を拝む羽目になったのは別理由での2、3回しかありません。

ということ。
これが短いかどうかは、わからないし戻らないような生活、仕事スタイルを心がけているというのは非常に大きいです。
でも、逆にそれを心がければここまで戻せる人もいるという希望を持って欲しいかな。
とは思いました。

でも、それが治療のおかげですとは、いいませんし、いえません。
この点もお間違えのないよう・・。

どうぞがんばってください。

尚、このサイトは、実はもとの29歳の壁の要素に近い情報だけになると思います。
なので、今後

・睡眠ネタ
・技術TIPSネタ(これは1年近く前からすでにある。)
・技術ナレッジネタ
の別ブログに情報を移行するか破棄しようと考えています。
(以降計画は未定ですが。)

正直、誰かのためになっているのかは、コメントなどからも判断がつかないし、いつまでもこの情報をここで公開するより、特化したほうがよいと判断したためです。
また、特に睡眠ネタは29歳の壁からは完全に分離されます。

つまり、これは睡眠日誌メーカーの配布場所が消える、または変わるということを意味していますが、このシリーズは今後、展開規模を減らして、もう少し違った運用にしようと思っています。
これまでご愛顧いただいた方々、誠にありがとう御座いました。

しばらくは、このブログでもご感想などを受け付けておりますので、どうぞご連絡いただけると幸いです。
それでは。

2012.05.27

戦う相手が多すぎる

睡眠障害は、克服したとはいえ油断できないレベルにいます。
いままでは、18時には必ず仕事を終える感じで仕事をしていましたし、
そのように選んできました。

新しく入社した会社(あ、報告してないですかね?正社員に戻りました。)は、
入社してすぐにブラックだなと思える状況がボロボロでてきて、結構、メンタルが危険です。

初めて体が痙攣して動けなくなるというのを体験しました。
実は今も体がきついです。
ま、それでも心を決めてそのまま踏み込んだわけですが。


IT業界の小さいところは、多かれ少なかれ自社サービスでもない限り、ほとんどがSESです。
孫請けは、撲滅されたと思っていましたが、違うかもしれませんね・・。

そんなわけで、出向しているわけです。
出向すれば楽になるかななんて・・・。
甘かった・・。

どういう契約になってんだろうか・・・。
という状況です。

とはいえ、一番大切にしたいものを合えて自分に問いかける。
一番大切なのは、自分です。
いざというときは、後ろ指指されてでも抜け出す覚悟をしようと思う。

メンタル的にNGな職場のようですが、やっていけないことはないかな。
問題なのは、規模と未経験領域が多すぎて、パンクしそうな状況でパフォーマンスを出す。
まぁ。普通のことですが、これには条件があります。

自分のメンタル(睡眠障害)を絶対に悪化させないこと。
2年以上もがんばったわけですから、それを無駄にしたくはありません。
地獄を見て、もう一度、地獄に落ちる意味がわからん。


さて、仕事の進め方のひとつにタスク分割という考え方があります。
大きな仕事もそれぞれを小さなジョブにすることで、一つ一つ乗り越えて山を越えようというヤツです。

いまの仕事に関係したジョブとは別に、乗り越えなければいけないジョブ(敵)を挙げてみようと思う。

1) 自社 ・・・ 合わないのもあるが、土日も報告業務や社内業務に拘束されている
2) 常駐先 ・・・ ここは、慣れるまでの辛抱です。通常のタスクですね。
3) 時間 ・・・ 明らかに残業が多く発生しそうです。睡眠障害を最優先
         考えますから、やりくりが相当に難しいです。
4) 他1 ・・・ たぶん、過敏性腸症候群だと思う。
5) 他2 ・・・足などに静脈瘤ができて痛いのです。通院はしていませんが。
6) 他3 ・・・ 痔?大腸がん? と思った。(が、痔ではないということが昨日判明 笑)
        この辺は、病院に行って診察できることの安心感は、ハンパないですね。
7) 技術 ・・・ スキルミスマッチは継続しています。
        新しい案件にしてもミスマッチのままどうやって埋めるかが鍵です。
8) お金 ・・・ ええ。お金がありません。残高2千円でした。給料早く来いw
        これがね・・・手動で振替るので時間との勝負ですw
        それ以外に.NET や クラウドの学習をするための高スペックなPCを用意することさえ
        できないわけで、ちょっと辛いかな。

9) プライベート ・・・ 1)、3) のやりくりをどうにかしないと、人と合う時間がありません。

10) 他 ・・・ 個人的な興味の追及が出来ていないことのストレス。
        遊びや趣味ウェアなどがこれです。

さて。どうやって克服するか。
1) は、状況を流すしかないです。
2) は、慣れればOK。
3) は、最難関ですが、スキルで押し切るしかないですね。時間を作るには。
     そして、いい顔をしない。(つまり、はねるときははねる)
4) は、明日から薬服用開始。(前回の轍があるので悪化しないか怖いですが)
5) は、そのうち治るでしょう。(こんなに長いのは初めてだが)
6) は、医者に言われたとおり気にしないことを目標にがんばるのみです。
     そのためにも 平気なんだ という安心をどんどん作り上げていくことが重要ですね。
     それに睡眠障害がない分、早起きができるようになりました。
     そのため、電車で腹痛でも今のところ3回くらいまでは下車OKなこともあります。
     そう考えると、本来このほかに睡眠障害というのを抱えていた自分のメンタルすげーなと思う。
7) は、仕方ない。できるところ、できそうなところからつぶします。
8) は、仕事を継続できればそれで解決。継続できなくても、もう実家に帰りな!っておもう。
9) は、一番のストレス発散になるので、積極的に活用、コンタクトします。
     やはり、視野が狭くなってると思うし。
10)は、無理してでも始める。これです。そんなわけでブログを分割!なんていいだしたわけですが・・。


こうやって見ると、10個敵はいますが、継続ジョブは

1、3,4,6、7 の5つです。

対人が1,3.
メンタルが、4,6
キャリアが、7

と分類できます。
するとそれぞれは、MAXで2つしかない。
ピークマックスは10個かもしれないけど、分割して考えればMAXは2です。

さぁ。がんばるんば。(笑


追記@14:05

書いてみて、嘘があるナァと思った。
というか、足りないです。w

他に
・歯医者(明らかに虫歯なんだけど、神経抜いてるのでわからない。が頭痛になってる)
・耳鼻科(耳の後ろに良性腫瘍があるので少し聴きづらいのです。たまに呼吸しにくくなります。)
・薬の影響(後遺症と書くと怖いけど、そんなもの)で気持ちが弱くなっている。
・右脳が停止している(最近、ようやくすこし開通した模様)
・視力が低下している(右脳の話に関連して、徐々に改善)
・差し迫るエンジニア定年説とこれ以上キャリアを捨てるわけにはいかないので、簡単にやめることができない。
・新しい技術を覚えようとすると、仕事で全く別のものの習得が必要となり、継続的に時間がとれない。
 (正確には、興味を維持できない。)

など。

まぁ。何事も挙げれば切りはありませんが、少なくともプライオリティの低いものははずして考えると
やはり、闘う相手は、MAX10が自分の限界です。(いや、キャパ的には越えてますがw)

そんな訳でふと思った提言を3つ。

1) どんなことでも、ダメな要素はあるので、良い要素をそこから見つける。
  例 ) 会社があわない → 人の本質は、それほど悪くないと思う。そもそも、就業している人もいるわけで。

2) オープンループもそうだけど、自分の中の敵を整理することで、全貌をつかみ不安を取り除く。

3) いよいよ、だめだー。手が付けられねー。と感じたら家事をしろ。徹底的に。
  そして、絶対終わらせてはいけない。
  家事って意外とストレス発散になるんですよ。ぴかぴかにしたり、そもそもそれ自体がオープンループな
  ネタになっていたりと。
  そういやって、気持ちをはぐらかす時間も必要だと思う。後は散歩だね。

ま。そんな感じで。


追記の追記@14:57
さらに補足すると、やはり音楽でしょうね。
自分の場合は。

気持ちが上がらないときに聴く曲は、

SAYAKA の『』。
アニメサントラの『』。
玉置成美の『』。

でしょうか。

2011.11.04

とかいって、やっべ

仕事してないときはヤル気が起きない病を乗り切る方法はこれだ!

http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-a433.html

とか、書いておきながら・・帰宅したらヤル気ねぇー (苦笑

確かにメモは前日から書いてある。
スゴイ一杯やることが書いてある。

なのに、ヤル気になれない。

その理由。
只今、20:42。

睡眠の都合で、22時までしか体を動かさないことにしている。
当然、その枠内で過ごすとなると、1時間半しかない。

今からできる作業をひとつこなし、2つこなすうちテンションが上がって眠れなくなるのが怖い。
そんなわけで、明日にしよう・・。と思うわけだが、1時間半は長い・・。

さて・・どうする?どうする??
ほ。。。本でも読むかな...。(昨日も読んでないけど

2011.11.03

旧式鬱病:「別名:仕事してないときはヤル気が起きない病」

久々にコレになった。(苦笑

働くときは元気なのに、帰宅すると何もしたくない。
土日に何もしたくない。

というもの。
別にそういう病名があるわけでもないですが、
新型鬱病が話題になったので、あえて昔から多くいる現象ということでそう呼んでみた。



症状:
 ・家にいるとヤル気がおきない
 ・出かけるのもイヤ



改善方法:
 ・外に出る。



対処方法:
 1.窓を開けてはいけない。(満足してしまうから。)

 2.玄関を開けて外の空気を吸ってみる。
   大抵、このとき外の空気がぜんぜんよいことに気づく。
   (勿論、部屋の窓を全開にしていても全然違う。)
   これがトリガーです。

 3.1時間ほど散歩して外の空気、景色に触れる。
   散歩中は、オープンループな原因を探してみる。

 4.帰宅後は、オープンループをひとつつぶす。

   大抵、部屋に平らな面積が少ないないことが多いので、
   片付けると次の作業がしたくなる。

   または、「いつかやらなくてはいけないもの。」 を
   つぶしていく。
   大抵、食器洗い、ペットボトルつぶし、ゴミ箱の中身の袋とじなどがそれ。

   気が向いたら、またひとつつぶしてみる。・・そんなゆるい感じ。



対策:
 ・メモ帳(いわゆるB7サイズ)にやることを前日に書いておく。
 ・起きたらそれを消化するだけ。




備考:
 ・無理矢理やらなくては!と、思ってはいけない。
  どちらかというと、「ひまだ..」、「あきた...」 と思った瞬間に行動するのがベスト。

 ・決めたことや考えていることをを全部やる必要はない。
  ひとつでもやったと思うことがあればこころは晴れやかになるから、それでよい。

 ・休日・・・ノンビリしたっていいじゃん。程度に+αやっちゃったぜ♪てなノリで楽しむ。
  特に、部屋片付けはおススメ。掃除は面倒だけど片付けは楽だしね。

そんな感じ。
さて、本でも読もうかな。

2011.09.24

オープンループ時に良くあること

先日の台風15号で帰宅できなくなった父親を家に泊めるにあたり、
普段床(絨毯)の上に詰んでいる4つの書籍山をフローリング側に全て移動した。

部屋はスゴイすっきりしたので色々なヤル気が起きてくる。

普段目に入るように詰んでいるわけですが、こうやって考えると
見えないように詰んでしまうことでだいぶ遣り残し感が減り、
思考がすっきりするような気がします。

勿論、しばらくしたらまたその山の中身が見えなくてイライラするわけですが、
今本棚を買う余力がありません。

しばらく、MSに浸るわけでしばらくこれでいくか。

2011.09.15

睡眠日誌:「睡眠日誌に関する考察」

 先日、睡眠日誌を作成するツールや睡眠日誌そのものを配布している
Webリンクをずらずらと書いたわけですが、今更ながらも睡眠日誌が
どういう機能を備えていればよいのか良くわからないことに気づいた。

-- 参考URL --
▼ 2011.09.06 投稿 「睡眠日誌は活性化したか?」
  http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-4016.html

▼ 2011.09.09 投稿 「睡眠日誌のダウンロード 一覧」
  http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-e0dd.html


一応、以下が睡眠日誌の基本概要だと私は考えている。

・眠りについた時間がわかる
・横になっていた時間がわかる。
・眠気の強かった時間がわかる。

この3点から計算などで判明するものには、

・横になった時間 - 眠りについた時間 = 入眠に掛かった時間
・目が覚めた時間 + 14時間 = メラトニン分泌開始時刻
・夜間の覚醒回数
・日中の強い眠気の回数
・眠りについた時間の合計 = 睡眠時間

などがある。
これらはプログラムで補助して挙げられれば最適だが、
手書きだと結構面倒だったりする部分。

そのほか、自分で記入する事項として

・気分
・短時間の覚醒回数(睡眠日誌では10~15分単位なため、それ以下はわからない。)
・日中の強い眠気の回数(覚醒回数同様の理由)
・食事をした時刻
・薬を服用した時刻
・金縛り時刻
・脱力時刻

などが考えられた。
また、前回の睡眠日誌そのものを配布しているものを参考にすると

・良くない行動、悪い行動
・コーヒーなどの摂取量 及び 時刻
・眠りの深さ
・入眠、覚醒時のすっきり度

なども考えられる。
さて、ここまでを大別すると主に

・時刻 に関するもの
と、
・それ以外

の2つに分けられる。
そして、「それ以外」について、強いて分けるならば

・回数、点数表記可能なもの
・完全に文章表記なもの

に分類され合計3つとなる。

改めて整理すると

■□ 時刻形式のもの

 ・入眠時刻
 ・眠気時刻
 ・横になっていた時刻
 ・服用時刻
 ・食事時刻
 ・覚醒物質摂取時刻
 ・良くない/悪い行動時刻
 ・金縛りの時刻
 ・脱力した時刻


■□ 数値化できるもの

 ・覚醒回数
 ・気分(点数)
 ・食事回数/食品点数
 ・覚醒物質摂取回数
 ・良くない/悪い行動回数
 ・金縛りの回数
 ・脱力した回数


■□ 数値化できないもの

 ・体調
 ・気になるところや変化点


結構ありますね。

さて、睡眠日誌についてもう一度考えると何のためにあるか。
という点でずれがあります。
睡眠障害といえども、病状はいくつかあります。

▼ 参考リンク:「睡眠障害相談室」
  http://homepage2.nifty.com/sleep/menu-20.html


こちらの情報を見ても4つに大別できるようですね

1) 眠れない症状
2) 眠たい症状
3) 起きれなくて眠れない症状
4) 睡眠中の障害

病名(をあえてつけるとして)でいくと、

1) 入眠障害
2) 覚醒障害
3) 時間がずれる障害
4) 睡眠時異常

・・・・。なんで。。自分はこれを大別したんだっけ?
まぁ、とにかく自分が関係している3 ) 及び 1) 以外にも睡眠障害と
呼ばれるものはあって、そのうちどの睡眠障害で睡眠日誌が
必要となっているのかがわからない。

また、項目によっては1 ) では不要な項目などがある。
Ex)
 ・脱力回数、金縛り


猛烈な早起き障害はどれに入るかわからないけど、医学的には
どこかにはいるのだろう。

そう。
気になるのは、医学的にどういう指針で睡眠日誌は産まれたか。
だと思う。
例えば、睡眠時などの気分を数値化する質問表は、
大抵、 英国 セントマリー病院睡眠質問票 を参考。と書いてあったりする。

いくつかの睡眠障害に対して共通化した質問項目であったり、
記入項目が一覧化されているとありがたいのだがそういう体系化された
ものを求めるのはシステム屋ならではの発想なのだろうか・・。


ちょっと、Excelで一覧作ってみます。

追記:2011.09.15 19:31
 そんなわけで、ざっくり作ってみたわけですが結局、どの障害に
 どの質問、記入項目が必要なのかがわからなかった。
 どなたかご存知の方いらっしゃいましたらご教示いただけると幸いです。

 Suiminnyuryokulist

2011.09.09

睡眠日誌:「睡眠日誌のダウンロード 一覧」

こんばんは。

昨日?先日?
睡眠日誌を作成できるツール 及び 睡眠日誌メーカーのライバルと
考えられるソフトについてご紹介しました。

今回は、睡眠日誌そのものを配布している場所を一覧化して
見ようと思います。

本来なら埋もれないように固定のWebページにするのがよいのですが、
ちょっと面倒なんでブログの記事として投稿します。
(ココログのブログはWebページもアップできるし、作成も出来るのです。)




また、前回の記事でトラバを飛ばすの忘れましたので、今回は
飛ばしてみようと思います。
取消し依頼は受け付けておりますのでご連絡いただけると幸いです。




■ いや、その前に睡眠日誌ってなに?

ですよね。
ということで、睡眠日誌について説明・・・・。
しません!
メンドクサイ!




わからない人は、この投稿情報は無視してください。

・・・といっても、知ってる人でも実際なに?
と、思う方はいますので、説明したものへのリンクを貼ります。




▼ 快眠推進倶楽部
  http://www.kaimin.info/part/madical/med.html

 -- 以下、快眠推進倶楽部からの転載です。 ---

 睡眠障害に関連して、病院を受診する際、先生に自分の今の状態を
的確に伝えることは、治療計画を考える際に重要な情報となります。
睡眠障害の診断では、最初に患者さんの睡眠状況や生活環境に関する
念入りな問診が行われます。
 あなたの状態に合った、適切なアドバイスや治療を受けるためには、
睡眠に関する基礎知識を持ち、自分の症状を的確にきちんと伝えることが
大切です。
そのために病院を受診する際は、睡眠に関する基礎知識を学び、自分自身の
不眠状態を確認して、メモ書きなどを作っておくとよいでしょう。

---------------------------------------




わかりますでしょうか?
もひとつ、自分のブログからも転載します。

▼ 睡眠日誌メーカーサポートページ
  http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/SuiminNissiMaker.html




--- 以下、サポートページからの抜粋 ---

 一概にどのようなものと明言できませんが睡眠に関する情報を
日々記録しておくためのものです。
例えば、概実リズム障害や非24時間睡眠覚醒症候群などであれば
ずれている時刻に寝ていても、それが実は一定であったり、1時間ずつ
後ろに移動していたりといった記録が観て分かるようになります。

記入したサンプルは、こんなものです。
眠りに入る時刻が後ろにちょっとずつずれてるのが分かると思います。

睡眠日誌記入例:
http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/files/_20100216forweb.pdf
※ この記入は、少し前の睡眠日誌メーカーで作成されています。


--- 以下、睡眠日誌メーカーのredme.txt からの抜粋 --

 睡眠日誌とは、睡眠障害(概日リズム障害や不眠症全般など)の
治療や観察に利用されているもので、大学病院や睡眠関連の
ホームページなどで様々な書式のものが配布されているものです。
日々の寝ていた時間や起きていた時間、眠気の強かった時間、
横になっていた時間などを記入して睡眠の状況を把握するのに
利用されているようです。


--------------------------------------------




ようするに、お医者さんや自分が睡眠の状況を確認するための
資料のようなものです。
残念ながら、最初の快眠倶楽部の説明にあったような、

念入りな問診

というは、ほとんどありません。
その点は、このブログでも再三にわたって書いていますので
そちらをご覧下さい。







■ 睡眠日誌の種類について

 これは、どこにも書いていないので書く必要がありますね。
睡眠日誌と一口に言っても、睡眠日記としているところもあり、
実際、どういう扱いなのかは不明です。

ただ、基本的な記載事項とそれ以外に病院やフォーマット別に
記載内容が異なる程度で大体は同じつくりになっています。


■■ 基本事項 ■■

入力内容:
 ・眠っていた時間
 ・うとうとした時間
 ・横になっていた時間

この3つがどのフォーマットでも存在します。
うとうとしていた時間というのが、わかりづらいですが、ようするに
眠気の強かった時間です。

記入方法:
 ・一日を24時間15分刻みに横のグラフにしたマスに対して、
  入力対象の時間を棒線や破線、塗りつぶしなどで表現していきます。

  ▼ 参考画像
    Suiminnissi
    ※ 画像は、睡眠日誌メーカーでのもので、横になっていた時間は、
      眠気以外という時間で表現しています。

  お医者さんからは、当然、睡眠日誌メーカーの存在なんて
  教えてもらえません(認知されてないorz)ので、恐らく
  手書き用のフォーマットを渡されるかダウンロードするように
  言われます。
  すると自分の手でこんな感じに書くことになります。

  ▼ 参考画像2
    Suiminnissi2



    Suiminnissi3


    ※ これは、睡眠障害診療キット作成プロジェクト委員会 というところで
      作成した手帳のような冊子で、私も最初はこれでした。




  私が言うのも変ですが、手書きは手書きのよさがあると思います。
  しっかりと眠っていた時間を見つめなおすことができる。
  そういった意味では、時間を掛けて手書きですることのほうが
  メリットはあると思います。
  (ただし、マーカーペンで書くと おぇっ ってなる。 笑)





■■ その他の時間記入事項 ■■



入力内容:
 ・薬を飲んだ時間
 ・食事した時間
 ・脱力発作した時間
 ・金縛りにあった時間
 ・○○した時間 Ex:) 風呂に入った時間

 などなど・・・

記入方法:
 ・一日を24時間15分刻みに横のグラフにしたマスに対して、
  入力対象の時間を棒線や破線、塗りつぶし、印などで表現していきます。

  この辺は、基本入力事項と似ています。

  参考画像:
   Suiminnissi4

   ※ こちらは、過眠症のためのサイト、過眠症ランド のフォーマットです。






■■ ほか記入事項 ■■



入力内容:
  ・気分
  ・中途覚醒回数
  ・備考

記入方法:
  ・これは、純粋に
    気分=おきたときの気分
    覚醒回数=夜中の覚醒回数
    備考=気になったことなど何でも

   といったことを書くだけですが、病院によってはこれが
   基本入力項目だったりします。

さて、だいぶ長くなりましたがそんな感じで一口に睡眠日誌といっても
記入内容も記入方法もばらばらです。
お医者様から指定されたフォーマットや記入方法があればそれに
したがって書くのがベストでしょうが、

・睡眠障害にかかる前の資料として
・特に指定がなかったとき

のために睡眠日誌をダウンロードできるサイトを以下に示します。
(説明が長文になってしまってすみません。)




■ 睡眠日誌 ダウンロード可能なサイト一覧


 恐らく、どれが正というのは、ないのでしょう。
掛かりつけの病院から指示されたものが正です。
また、掛かりつけの病院から紙で渡されることもあります。
似たものを探して、それを利用してよいかお医者さんに確認してから
使い始めるのが一番よいと思います。

あとは、好みの問題かなとも思います。
書いてみるとわかりますが、結構、毎日書くのが大変です。
まぁ、そんな人は昨日紹介した、睡眠日誌を作成するためのツールなどを
利用するほうがよいかもしれません。
仕事しながら書くなんてとんでもなく無理な気がします。

▼ 快眠推進倶楽部
  http://www.kaimin.info/part/madical/med.html

  まぁ、何ですか。
  不眠症じゃなくて、快眠であることにご注意くださいね。
  睡眠に関する様々なお医者さん方によって組織された公式サイトだそうです。


  <PDFファイル直リンク>
  http://www.kaimin.info/part/pdf/nisshi.pdf
  ※ PDFが直接開くので、右クリック - 対象をファイルに保存 で保存してください。
  ※ 私が、最初に渡された冊子もこれと同等のものでした。(余計な説明が多い冊子です。)

▼ 過眠症ランド
  http://kaminsho.com/index.html

  既出の過眠症の方のためのサイトのようです。

  <ダウンロードサイト>
  http://kaminsho.com/professional/tool/diary.html
  ※ PDF、Excel の2種類が用意されています。
    表は、結構シンプルですが記入方法にちょっと難があります。


▼ 日本大学医学部付属板橋病院 睡眠センター
  http://www.med.nihon-u.ac.jp/hospital/itabashi/sleep/index.html

  ぃやぁ・・・睡眠専門外来って少ないわけで・・・。
  ここも睡眠障害は、ありますが不眠症は半日だけしか開いてないようです。

  
  <ダウンロードサイト>
  http://www.med.nihon-u.ac.jp/hospital/itabashi/sleep/jushin.html
  ※ 現在、私の知る限り最もシンプルなタイプです。
    睡眠日誌メーカーはこれを参考にしています。


▼ 国立精神・神経医療研究センター
  http://www.ncnp.go.jp/

  おお!すごいところがでてきたね。
  でもこれ、あれ?
  東京のようです!!!!(ぉかしい・・・ 苦笑)

  <PDF 直リンク>
  www.ncnp.go.jp/pdf/hos_guide_s_outpatient_detail07_02.pdf
  ※ ちょっと、ダウンロードページが見つからないので直リンクです。
  ※ PDFが直接開くので、右クリック - 対象をファイルに保存 で保存してください。
  ※ 板橋病院同様にシンプルですが、入眠に掛かった時間を記入する欄があります。


▼ 睡眠障害相談室
  http://homepage2.nifty.com/sleep/index.html

  スゴイ量の睡眠障害ネタを扱っています。

  <ダウンロードサイト>
  http://homepage2.nifty.com/sleep/menu-3.html
  ※ 一番下のほうにリンクがあります。
  ※ ちょっとわかりにくいので以下に直リンクを貼ります。

    エクセル:http://homepage2.nifty.com/sleep/sleeplog2.xls
    PDF:http://homepage2.nifty.com/sleep/sleeplog.pdf

    ※ なかなかシンプルですが、記入項目が漏れなくて良いと
      感じました。30分単位なのが他と違います。


▼ 明神館脳神経外科脳外科クリニック
  http://www.myojin-kan.jp/index.html
  ※ 広島にある病院のようです。よくはわかりません。

  <ダウンロードサイト>
  http://www.myojin-kan.jp/ill/ibiki.html
  ※ 真ん中ぐらいに睡眠日誌があります。
  ※ 他の睡眠日誌と違って、グラフ式じゃありません。初めて見ました。

いや、まぁ・・・・。
実際、Googleで睡眠日誌で検索してもコレだけ出てきます。
もっとあるんだけど、もういいでしょう。


と、ここでちょっと隠しだまを一発。


▼ ソーノボン
  http://impreate.com/

  不眠症と快眠はちょっと趣旨が違うと先ほども書きましたが、
  このサイトは、快眠に関するアイテムを販売しているお店のサイトです。
  快眠で不眠症を混同させて儲けているようなサイトは嫌いなのですが、
  このサイトだけは、なんとなく個人的にとても興味があるサイトです。
  いつか紹介しようと思っていました。

  睡眠日誌を書いているとどうしても、どうしても・・・睡眠ばかり
  気にしてしまいます。
  そして、表を見て、眠らねば・・とか、眠れてない・・orz とか。

  でも、このサイトを見ていると不眠症を快眠という方向に考え、
  ある程度気楽な気持ちにさせてくれる感じがします。

  自分にとっては、そういう効果のサイトなのです。
  皆さんにとってどうかはわかりません。
  いつか行ってみたいものです。(毎回浅草行くたびに忘れてる・・w)

  <ダウンロードサイトはなくて紹介ページ>
  http://blog.sonobom.com/?search=%BF%E7%CC%B2%C6%FC%BB%EF&x=30&y=6

  ※ HPからDLはできないようですが、お店に行ってみるきっかけになる
    かもしれませんね。
    話を聞いてくれるかは知りませんが・・。
    一応、メールでも受け付けているようですが・・。

    そして、この睡眠日誌の特徴として、● 悪い習慣、○ 良い習慣 として
    行動を記入するのが面白いです。
    本来観察はこういうところから始るのかもしれませんね。


そして、最後になりましたが一応、自分のブログでも公開している
睡眠日誌を紹介します。

実は、睡眠日誌メーカー以外にも紙ベースで印刷して使ってもらえる
睡眠日誌も提供しています。.....て、書いて実は公開してないことに
今気づきましたorz

ごめんなさい。
もう、夜遅いので後日公開します。

ただ、紙ベースで記入する際の手助けシートのようなものはすでに公開しています。
後日、一気に睡眠日誌を作成するときの備忘録として使うためのものです。
(正確には睡眠日誌メーカー用なのですが、普通の睡眠日誌にも応用できます。)

▼ 睡眠日誌メーカーダウンロードページ
  http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/suimin-maker_download.html

  <ダウンロード直リンク >
    PDF(たて):http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/suimin-nissi/dataFile/tegaki_format_tate.pdf

    PDF(よこ):http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/suimin-nissi/dataFile/tegaki_format_yoko.pdf

    エクセル:http://bsn.cocolog-nifty.com/blog/suimin-nissi/dataFile/tegaki_format.zip
    ※ ZIP(圧縮ファイル)にしてあります。
      (このブログではExcelは公開不可なので。)

   尚、睡眠日誌メーカーでは、ボタンひとつで睡眠日誌のフォーマットだけを
   作成することもできます。

   詳しくは、取扱説明書に記載がありますが、今回はそれを抜粋します。

   Suiminnissi5

   Suiminnissi6




   日付や曜日も自動で入力されるので、結構便利だと思いますよ。
   このためだけに睡眠日誌メーカーを使うのもよいと思います。

   また、睡眠日誌メーカーには、記入項目を一部非表示にする機能もあります。
   





以上、長文でしたが参考になれば幸いです。


より以前の記事一覧