2015年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

■ リンク集

無料ブログはココログ

アクセス地域

  • 地域別アクセス数

    ジオターゲティング

ブログ内の検索

« 休職中:「休職・求職中のGWのすごし方」 | トップページ | 体調不良:「入院準備できていますか?」 »

2010.05.12

体調不良:「救急の準備できてますか?」

10日ほど空いてしまいました。
何してたかって言うと、GWらしい生活を・・・途中までしていて最後になってまさかの体調不良です。
GW中の夜中で病院もなく救急になりました。
で、1週間まるまるぶっ倒れておりました。
まだ、体調はいまひとつです。orz


あ、急ぎで救急で検索しちゃった人のために、(いや、ヒットしちゃうんだよね。ブログって。)
責任取れ!とか、言われても困るので必要な人だけ自己責任で自分の参考にしてください。
私は、責任持ちませんので、ブログなんか読んでないで、急ぎの方はさっさと救急車呼んでください。
お大事に。

救急は、119。
呼ぶべきか迷った場合は、頭に #7 をつけた #7119です。

救急相談センターというところに繋がるそうですよ。
どちらも携帯・PHS OKです。
ただし、ダイアル回線は、#7119 は使えません。
23区:03-3212-2323
多摩地区:042-521-2323
とあります。

※ 2010年5月時点情報です。
※ 東京での話です。

詳しくは、下記、「東京救急相談センター」をどうぞ。
病院案内までしてくれるそうです。

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/kyuu-adv/soudan-center.htm

119は、全国共通ですが、#7119はどうなんだろう・・・。東京だけなのかなぁ・・?
まぁ、息ができなくなりそうとかなら119で良いと思いますが。


一応、数年前、自宅から自分ひとりで救急@東京23区by呼吸困難 を 呼んだときの流れです。
本当にいまいま救急ではない時にだけ、読んでください。
やばい人は今すぐ、119 で充分です。
迷う必要はありません。

下記途中、かなり独り言が入りました。重要な流れは下線にしてあります。
そのさらに下に東京でタクシーなどで呼んだときの手順も書きました。

番号プッシュ

救急:119
救急相談:#7119

実は、パニックでこの番号が本当に出てこないんです。
びっくりしますよ。
私も、間違えましたし。


Call は、即応答ではなかった気はします。


「救急ですか、火災ですか?」 みたいなことをいわれるので、救急 と回答。


確か、先に状態を聞かれた気がします。
で、本人なのかも聞かれた気がします。


住所と電話番号を聞かれます
いや・・・もっとなんか聞かれた気も・・。
(これが息絶え絶えの時はかなり辛い・・。 (;;;´Д`)


で、到着間際まで電話で励ましてくれます。(たぶん・・記憶では・・。いや・・どうだったか)


その間に、できれば

保険証と
家の鍵と
携帯、
財布


の4つだけ用意し、玄関に向かいます

かかり付け病院がある人はそこの診察券もあれば良いです、お金がない人は小銭を持つほうがいいです。
そのまま入院すると飲み物すらないですよ。

あと、救急の人が家に来ると戸締りとかしてくれるので、その際、鍵を渡す必要があります。
鍵は、救急車に乗り込むときに返してもらえます。


20分程度で救急車到着します。
(ちょっと、実時間は正確に覚えてません。)

注意すべきは、自分を発見してもらえないことです。
実は、住所だけではピンポイントには来てくれません。
できるだけ玄関近くにいて、車が着たらドアを開け近所の人にも見つけてもらうのが大切です。
冬場は、寒いですので救急車到着までに悪化しかねませんから可能な限り家にね・・。
私は、玄関の扉に挟まる感じでそのときは倒れていましたが・・。^^;@真冬。


救急車内へ搬送されます。

実は、意識があるとこれが一番恥ずかしい。
皆さんガン見です。
こっちパジャマでよろよろです ^^;


※※ ここから後は、救急隊員、医療機関によるフルオートの流れなので駄文です。
※※ 緊急時には読む必要すらありません。
※※ 急ぎの方は、さっさと 119 へお電話してくださいね。
※※ お大事に。


救急車内で初期処置とか検査とかやります。
その間にかかりつけの医療機関と連絡したり、近くの救急を探してくれます。

これが長い。記憶では30分くらいかかった。(それ以上か?)


当然、辛くて意識なくなってくるのですが車内で色々書かされた気がします。
で、救急受け入れ先を見つけると後は猛スピードで発車します。
が、1次受け入れとか2次受け入れとかあるらしく、私は2つ回りました。


病院に到着するときには受け入れ待ちされています。たぶん。
(もう、その頃の視野は凄い狭くて・・・記憶が・・。)
で、覚えておく必要があるのがあります。

たらい回した病院にも医療費を支払うということ。
もちろん、後日支払うのですがこの時、途中途中の病院名をきちんと覚えておく必要があります。

私の場合、(2時間くらいで)転院したときは、救急車に乗る前に病院名を看護婦が連呼してました。
「後日来てくださいね!来てくださいね!○○病院ですよ!」
みたいな。
これ・・後から転院先で聞けばいいなんて甘いみたいです。
私の場合、搬送途中のことは分からないから救急センターに聞いて。と、入院後医者に言われました。


で、救急で到着したからといってすぐに医者が来るわけではありませんし、処置もされません。
内科なのか外科なのか。
これは大きく順番を分けている気がします。
処置室の広さによりますが、かなり頻繁に運ばれてくることもあればそうでないことも。
順番は、あっち見てこっち見て。という感じです。
ちなみに私は社会人になってから救急車での救急を3回くらい受けていますが、対応は本当に病院によってばらばら。
同じ病院でもばらばら。
30分は普通に放置されますよ。内科は。
ちなみに私はその時
・血中酸素量低下(普通の人は死んじゃうレベル)
・呼吸ができないほどの咳
・熱発 か、その逆
・吐き気と下痢
でしたが。


運がよければ、(かかりつけ病院なら)担当医、または病状と合致した先生が対応してくれます。
明らかにインターン?と思える人もいますし、○○科の先生は今いないけど大丈夫だよ~ん。
って、宣戦布告してくる先生が大抵対応しています。自分のときは。
(あれって、科の先生を呼び出してる最中ぽい。30分くらいでちゃんとした先生がくる。)


で、入院するための検査とかやります。
もはや瀕死ですが・・普通に院内を移動させられます。


入院が決まった頃か、その間かに手続きができそうな人に連絡させられます。
番号を聞かれて掛けてもらうか、自分で院内PHSなどから掛けさせられます。


で、容態次第では入院。(苦笑

私はそこから10日ほど入院しました。計14万程度だった気が。
医療保険に入ってないときついですよ。保険なら2/3は帰ってきますから。
この時、初日は病床の空き具合によりますが、差額ベッドか大部屋か。見たいな選択を迫られます。
大抵、差額ベッド行きですが、差額は払わされません。
2日目から差額分が発生します。たぶん。
私の入った病院では、差額ベッドとは、病室のランクのこと。
大部屋で日当たりも個人冷蔵庫も無いのが一番下のランクで確か治療費のみだった気がする。
大部屋で日当たりはよい。がその次
大部屋で日当たりも個人冷蔵庫もロッカーもある。が、その次。(ここで+6000円位/日)
で、差額ベッド と呼ばれる完全個室&お一人様専用トイレ&風呂付&液晶TV見放題が○万円だった気が・・。
もちろん、液晶TV・・・見てるどころじゃございませんので、無用ですw

入院費で一番高いのが実はベッド代です。
家計が苦しい場合には、一番下ランク部屋などに移してもらえますので相談してみてください。
(もちろん、どの病院かによって話は違ってきますが・・。)


あ...。
救急で、急ぎ検索しちゃった人はココから先はさらに駄文ですので、別のサイトへ行くか、救急へ電話してくださいね。
どうぞ、お大事になさってください。


さて、救急車。
到着までは、大体タクシーと同じ10分とかそんな感じだったと思う。
関東だけなのかは分かりませんが、救急車が出払っているときは代わりに消防車が来ます。
あれって・・たぶん初期処置の為だけですので、搬送はしないと思います。
大抵、その3分くらい後に救急車が着きますので、その救急車で移動することになります。

ちなみに2回目に呼んだときは、前回の恥ずかしさから「近所にきたらサイレンはならさないで!」といった記憶がありますが、ちゃんと直前まで鳴らしてきます。(苦笑
いや、あれって周りの人が気になって、出てきてくれるから、家が分からないときに家の前で倒れてても見つけてもらえるっていう効果があると思う。

私の場合は、2回とも呼吸困難による酸素不足で、苦しさのあまりに怒鳴り気味で呼んだ記憶があります。
床を這って玄関まで行きました。
そんな状態でも、救急応答の担当者は凄い冷静に対応してくれます。
(いや・・こっちが死にそうなのでかなりイラっとするんですが・・・。)

呼吸困難なので、時間によって、たまに安らぐこともあるのですが、気を抜くと気を失いそうになります。
ので、電話後に一つ目やることは、玄関の近くまで行くことだと思う。
玄関さえ空いてれば、救急隊員も入ってこれるし。


救急車を呼ぶまでもなさそうだが、休日、深夜なので救急で見てもらいたい人は、最寄の救急病院に電話して受付てもらうのが良いです。
一応、その場合、(ごめんなさい東京の場合です。)自分で病院探して、自分で電話する手順。


病院へ電話

かかり付けや最寄の救急病院がない場合や分からないときは、下記「東京救急病院案内」 をどうぞ。
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/kb/index.htm
モバイル用:
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/kb/m/index.htm


自分の状態、かかり付けの科目を伝えます。

夜間や休日などは入り口が変わりますので
「○○館の○○番窓口までお願いします」 というのを聞き漏らさないこと。

交通手段をゲット

民間救急コール:0570-039- 099
PHSなどから:03-3262-0039
※ 救急コールでタクシー手配すると救急講習を受けたドライバーを紹介するらしい。

帝都無線:03-3643-6881
東京全域タクシー:03-3573-3751
日本交通:03-5755-2151

※ 雨だと繋がらないことが多いので、私は8箇所ほど番号を控えています。
※ どんなに死にそうでもタクシーはノンビリやってきます。20分は待ちますよ。


その間、ドライヤーとかのコンセントを抜く(火事対策)
電気を消す


保険証、携帯電話、マスク、財布 をもって鍵を掛けてタクシーで病院へ行きます。


よほど、ヤバければタクシーの中で自分の代わり動いてくれる人へ電話します。


病院到着。
夜間や休日は救急窓口から入ることが多いです。
救急とはいえ、救急車で来た人とは対応も運ばれる部屋も全然違います。
病状は、自分で紙に書かされました。
で、普通に診察待合室でまたされます。
30分~2時間。
かなり長い時間を同様に体調の悪い幼児や患者と一緒にいますのでマスクは、自己防衛のために持っていったほうがいいです。
結構、地獄の光景ですよ。ぐったりした人、嘔吐する人、咳が止まらない人、点滴中の人。
そんな状態で待合室は20人くらい。


名前が呼ばれていよいよ診察前面接です。
もちろん、病状が内科だろうが外科だろうが担当医がその専門家であることはまずありません。
酷いときには眼科がでてきます。(本当にorz)
以前、夜中にひざの皿をやって、40度以上の熱がでたときは眼科が出てきました。
で、一言「そんなんでこないでください。」の一言対応に親がぶち切れて、別の病院へ転院したことも・・。苦笑

とにかく、どの道最初は検査にまわされます。
咳が止まらないなどは、大抵レントゲン室に自分で行きます。
食中毒系は、血液採取もやるのかな?


で、その後しばらく待合室で待たされて、ようやく診断。
正直、この診断は気休めだと思っています。
とにかく私の場合、おかしな薬を渡されるわけにいかないので、処方してもらった薬なら安心して飲めることが一番の目的かもしれません。
えっと・・・あまり効きませんよ薬。
たぶん。
今回私は、2日分薬出されて、私は7日間ぶっ倒れてましたから。
あ、救急の場合、薬は院内処方されました。

補足すると、実は、担当医が誰だったのかを領収書にはかかれないことがあります。
理由はたぶん、訴訟回避なんじゃないかと思うのですが、「診断あってる??」って思うときは、医者の名前をちゃんと確認しておくほうがいいですよ。
後から、「○○先生に診てもらったんですが」って、担当医にもいえますから。


その場で、薬代と治療代を支払います。
たぶん、救急車でない以上、救急でも初診料(特定医療機関なら3000円くらい)ってのを取られた気がします。



大抵、自分でタクシーに乗って返されます。
で、帰り際結局呼吸困難で瀕死になったのがこのたびの体調不良・・。


最悪でした。

過去2度の救急車、3度の救急、4度の救急入院を経た感想等々を書きました。
今回再び救急で病院を訪れることになり、久々に病気の怖さと独り身の怖さを感じた次第です。
少しでも参考になればと思います。

ということで、まとめ。

_______________


救急:119
救急相談:#7119


持ち物:
・保険証
・お財布
・鍵
・携帯
・マスク(自分で行く場合)

なお、かかり付け病院にいく場合、

・診察券

も忘れずに。

自分でタクシー等で行く場合、

病院探し:
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/kb/index.htm
モバイル用:
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/kb/m/index.htm


民間救急コール:0570-039- 099
PHSなどから:03-3262-0039

※ 救急コールでタクシー手配すると救急講習を受けたドライバーを紹介するらしい。
※ 2010年5月時点情報です。
※ 東京での話です。

帝都無線:03-3643-6881
東京全域タクシー:03-3573-3751
日本交通:03-5755-2151
※ タクシーは一度使うと1年くらい住所を保持していますので、一度使っておいたほうがいいですよ。


----------------------------------------

ずらずらと、書いてしまいましたが、こんな感じですごしてました。
責任取れ!とか、言われても困るので必要な人だけ自己責任で自分の参考にしてください。

« 休職中:「休職・求職中のGWのすごし方」 | トップページ | 体調不良:「入院準備できていますか?」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/290447/34661499

この記事へのトラックバック一覧です: 体調不良:「救急の準備できてますか?」:

« 休職中:「休職・求職中のGWのすごし方」 | トップページ | 体調不良:「入院準備できていますか?」 »